2008年06月10日

新月 2008.06

では、さっそく今回の新月図(2008.06.04.04:22JST)について考えてみましょう。新月は双子座の14番目の度数で起きています。新月の起こった双子座は水星と関連づけられています。水星は太陽の回りを回る公転周期が数年以内(水星は95日程度)の「個人天体」の仲間です。個人天体は、「個人個人が独自に追求しているテーマ」を機能させる働きがあります。水星はそんな「個々」の視点を考える個人天体の中でも「変化するものに目印をつけ、動きを比較・分析し、把握・対処する」働きがあります。言葉を使ったり情報を扱うことに関連しやすいですが、イメージや概念、気持ちなど言葉にできにくいものを扱うこともあります。それぞれの次元でものごとを考えたり、応用力を発揮したり、技術や技能の開発/利用したりすることに強く関連します。今月はいろいろなものごとが双子座の「変化を意識し、知性や情報交換の力を利用する」という動機のもとに動いていることを意識できるとよいかもしれませんね。

新月へのアスペクト

さて、チャートの天体配置に目をやると、このような新月は今後火星とセクスタイル、金星とコンジャンクションになっていくところです(6/4、6/9)。また、太陽は逆行している水星ともコンジャンクションになります(6/8)。火星とのセクスタイルは意志やビジョンを具体的な行動に移しやすい状況を表し、金星や水星とのコンジャンクションは身近な反応や評価を意識してものごとを進めやすいニュアンスがあります。しかし、水星は逆行していることを考え合わせると、それぞれが自分の思い込みや価値観に基づき話をどんどん具体化、行動化してしまい、後になってから矛盾点や誤解が発覚しやすいイメージがあります。その後、太陽は6/13に天王星とスクエア、6/15に海王星とトラインになります。思い込みで進んでいることに関して、客観的な真実の暴露に驚きやすい配置ですが、海王星との調和的なアスペクトは空気を建設的な方向へ調整しやすいイメージもありますね。さらに夏至直前には太陽は冥王星とオポジションになります。何らかの重要なテーマを強く意識するタイミングになるかもしれません。

その他のアスペクト

新月の少し前に水星と海王星が時を合わせるように逆行しました。海王星は想像力や空想の力を強化します。水星はものごとを考える天体ですが、これらの天体が逆行するとそれらの機能が個人の内面へ向けて強く働きやすくなります。太陽のセクションでも説明しましたが、これらの影響は個人個人の思想の空回りのようなかたちで膨らみやすい傾向として表れることが考えられます。特に水星が逆行している期間はなるべく客観的な事実をしっかり確認しながら判断するように心がけるとよいでしょう。水星は天王星とのスクエア直前で方向を変えています。何らかの衝撃的な真実が明かされる予感とその直前の足踏みのようなニュアンスも加わっています。また、火星は太陽とセクスタイルになった後、6/22には海王星とオポジションになります。火星と海王星の組み合わせは、夢や理想を行動化したり、言葉に表されていない気持ちを想定しながら主張や行動したり、空気の中に熱意や怒りの要素を感じやすくなったり、犠牲的な行動をしやすくなったりするかもしれません。

天体の方向転換やイングレス

太陽と月以外の惑星は、ときどき地球からの見た目の進行方向を変えます。進行方向を変える際には天体はとてもゆっくりと動き、その天体の働きが世の中のさまざまな動きの中に顕著に反映されるかもしれません。今回の新月の期間では、先月の27日から逆行していた水星が6/19に順行に戻り、そして6/27には天王星が逆行を始めます。水星の逆行時はそれぞれが自分を主体に考える傾向があり順行に戻ると逆行時の誤解や矛盾が表面化する可能性があります。また、天王星の逆行は他人とは異なる個性表現の欲求をそれぞれが自分の内面で確認していく傾向になるかもしれません。これは衝動は強くなるが実際的な比較や分担などが起こりにくくなるという側面も考えられます。

また、天体(特にゆっくり動くもの)の運行するサインの変化も人々が注目しやすいテーマを変化させます。今回の新月の期間では、火星より遠い天体でサインを変えるのは、冥王星と火星です。冥王星は6/15に射手座へ戻り、火星は7/2に乙女座に入ります。複数で追求する活動で重要視するポイント(冥王星)は、「現実的な結果を出すこと(山羊)」から「理念や哲学(射手)」へと変化するかもしれません。また、ものごとを行動に移したり主張する際ポイントになりやすいテーマ(火星)は、獅子の「個人や集団の独特さを自覚し表現/追求すること」から乙女の「具体的な現場、あるいは、他人のために実質的に役立つこと」へと変化します。これは自由に思いに任せて行動する傾向から、きちんと成果や周囲への影響を考えて行動する傾向への変化を表すかもしれませんね。。

今回の新月図の期間は、このような動きを意識しながら、「変化を意識し、知性や情報交換の力を利用する」双子座のテーマの追求を心がけていくとよいかもしれません。これらのテーマが身近なところから経済/政治の動きなど社会的な次元までいろいろな側面でどんなふうに反映されるか注目していきましょう。
posted by ryu at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 月相2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック