2007年03月24日

2005.07.06 新月

火星と木星のオポジションのころ、知り合いが交通事故で急逝してしまいました。火星と木星の組み合わせはものごとを動かす強い力を持っていますが、使いようによっては乱暴なかたちで表れることもあります。夏至図の配置の中に強く影響しているので、この期間(夏の間)みなさんもエネルギーを建設的に使う(火星)よう注意をしましょう。

蟹座の新月

では、さっそく今回の新月図(2005.07.06.21:02JST)について考えてみましょう。新月は蟹座の15番目の度数で起きています。蟹座は水のエレメントなので、周囲との感情のつながりや過去の体験の感覚をつなげまとめあげることに注目が向いています。前の風のエレメントと同様循環・流通させる性質がありますが、風は物質的な次元へ注目しますが水は心理的な次元を主に扱います。また、蟹座は自互公では自にあたるので、感情的なつながりや過去の体験をまとめながら「自分は何ものか」という感覚を育てていきます。そこにできあがる感覚は安心して返ることのできる自分のふるさとのようなものになるかもしれませんね。活動の動き方をする蟹座はこれらのテーマを活発に自ら環境へ働きかけながら追求していきます。家族や仲間のことを思いやったり、その絆を維持するための活動をすることに意識が向くかもしれません。これは、小さな集団では家や団欒の場所を整える活動になるかもしれませんが、地域や国家など大きな集団を意識した場合には、文化や歴史などに注目が向き、コミュニティ内の親睦を深める活動に傾倒するかもしれません。新月がこの星座にある今月は、リーダーシップの方向性や大衆の関心がそのような方向のテーマに向きやすいので、組織やコミュニティーの役割分担の状況や適材適所になっているか、過度に負担がかかっている人はいないかなどを過去の体験を振り返りながらチェックしていく傾向が見られるかもしれません。

新月へのアスペクト

今回の新月は夏至図(2005.06.21.15:46JST)の木星火星と太陽の間のTスクエアが進行していくようすとして考えると興味深いです。夏至図では、太陽と木星のスクエアはもとより、木星と火星のオポジションもまだ形成されていませんでした。順を追ってたどっていくと、まず、この木星と火星のオポジションが形成されます(必ずしもトランジットのタイミングで起きたことをさしていませんが正確には6月26日ごろ形成されます)。火星はこれまで魚座を運行して情のしがらみなどでなかなか思うことを実現できませんでしたが、牡羊座に入った今、実行に移すっきゃないといきりたっています。一方、木星は、天秤座であっちの立場もこっちの立場もうまく考慮して平和にまとめたいとがんばっていますがなかなか結論はでません。それらの2つの天体が真っ向から衝突したのです。木星は悠長なことを言ってられない事態になっていることを認識し、火星はなかなかまとまりにくい状況なのでより踏ん張らなければと真っ赤になったかもしれません。そんな中、リーダーシップであり、全体のまとめ役を果たすべき太陽が、木星、火星と次々にスクエアになり、事態を納める努力(よけい混乱につながるかもしれないが)をしているのかもしれません。太陽は木星とスクエアになった直後、天王星とトラインになります。穏健でいろいろな立場を認めて調整しようとしている側との話が期待ほどうまく進まなかったことがわかると、天王星の妙案を取り入れ、より広い視点からとらえるようになりました。ここまでが、今回の新月前までのあらすじです。

今後、それらの過去の展開を踏まえて、太陽は火星とスクエアになっていきます。つまり、リーダーと実行班がお互いの方針を変化させることを覚悟で思いをぶつけ合うのです。しかし、その前に、火星は海王星とセクスタイルになります。トカゲがしっぽを切るように、イカがスミをはくようにうまくごまかして逃げようとするかも。そうとわからないようなかたちで実現しようとしたり、テーマをすりかえたりしながら進んでいくイメージがあります。しかし、その後、太陽とはしっかりスクエアになり(トランジットでは7月13日ごろ)、進退問題を考慮したり、長期的な視点の中で火星の実行方法が評価しなおされるかもしれません。太陽とのスクエアの後、さらに、火星は冥王星や金星とトラインになっていくので、いなおったり、一見強制的なかたちで実行力を発揮するかもしれませんね。それでも、冥王星や海王星は、まだ、社会的に取り上げられていない重要なポイントへの問題意識も示しますので、その方向の中に今後の重要な変容へつながる要因が含まれているかもしれません。

その他のアスペクト

ホロスコープの他の部分を見てみましょう。上の話の流れで太陽に入れ知恵をした天王星を思い出してください。この天王星は、いまや木星、水星、金星の間の議論の争点になっています。木星と金星水星のセクスタイルに天王星がクインカンクスで加わりみごとなヨッドが形成されています。金星、水星と木星は、いろいろ検討しながら価値観や目標を決めていくようなイメージです。状況によっては楽観的で楽しい雰囲気もあるかもしれません。そこで、天王星によりもたらされた「妙案」をどう実現していくか、ああでもない、こうでもないと議論している雰囲気があります。セクスタイルの部分はそれほど緊張した差し迫った雰囲気はありませんが、天王星とのクインカンクスなので妙案に対する解決策ないなーああでもないこうでもない、という感じでしょうか。しかし、最終的には金星は海王星とのオポジションを経て冥王星、火星とグランドトラインになるので、何らかの決着にはたどりつくのでしょう(7月18日ごろ)。また、土星はしばらく他の天体とアスペクトをしません。これは、ルールや常識にしたがってものごとを管理しようという機能が少しの間働きにくくなったり、そんな様子を認識ししっかり働かせなければならないという意識が強まったりする傾向がイメージされます。

今回の新月は、これらの動きの中で、コミュニティのまとまりや結びつきの状態を改善していこうというテーマを追求していくのでしょう。

実際のサビアンシンボル

それでは、そんな新月のチャートの中から抽選で一つ天体を選び、そのサビアンシンボルを考えてみましょう。今回のテーマは、魚座の11番目の度数にある天王星です。天王星の度数のサビアンシンボルは、

PISCES11:Men seeking illumination.(光を探している男たち)

です。何らかの理想像あるいは満足、達成(光)を求めてさまよっているのでしょうか。トンネルの向こうに光が見えるとうれしいのでしょうね。「光」とは何でしょうか。

いつものとおり、まずは、サインの意味から考えていきましょう。魚座は、今月の新月で考慮した蟹座と同じ水のサインです。水のサインは、昔から多産サインと言われています。新しい展開を作る男性サインではなく、なぜ、今までの成果を維持する水のエレメントが多く生み出すのでしょうか。生命が生み出すものは、基本的にはこれまでの展開のコピーなのでしょう。これまでの感情のつながりや組織のまとまりの良さを代々伝えていくのが水の「生産」です。そして、そのコピーの土台の上に新しい展開の要素が少しずつ混ざって未来を作っていくのでしょう。そんな水のサインの中でも、魚座は自互公の「公」に属します。蟹座が、自分やそれを直接支えるルーツ(自分の過去)との関係を深めようとし(自)、蠍座が目の前の相手との気持ちの交流を深めようとする(互)なら、魚座は社会や宇宙全体との過去からのつながり、気持ちの交流を深めようとするのでしょう。これは、「抽象的な概念」との関係を深めるといってもよいかもしれません。目の前にいる「あなた」ではなく、一般的な「人間」の気持ちを感じようとしたり、動物も植物ももっている「命」を大切に思ったりすることなどが対象になりやすいのです。そして、その視点は多くの人々が共有している夢や理想を把握したり、雰囲気や空気の中に現れているその場の総合的な気持ちの流れを敏感に感じとったりもします。

今回のテーマの度数は、魚座の中でも第二デーカンの前半にあります。第二デーカンは、上のような魚座のテーマや動機を対人関係や目の前の具体的な対象に働きかけることを通して体験しようとします。第一デーカンで魚座の動機を自分自身の中で確認した後、その価値を創造的に利用していこうとするのです。第一デーカンでは、自分が抽象的な概念を理解し、それに関わる意義を体験しました。第二デーカンでは、抽象的な概念を通して他人と関わったり、その意義を目の前の環境で積極的に活かそうとします。前半では、そのための積極的な働き掛けを行うプロセスです。では、一度一度度数を追ってそのプロセスの進み方をイメージしてみましょう。

PISCES11:Men seeking illumination.(光を探している男たち)

1番目の度数は、その領域のテーマを単純に体験してみます。魚座の第二デーカンの前半のテーマは、宇宙との気持ちのつながりや人間の心、命といったものに関する抽象的な概念の理解、信念を他人との関係や目の前の生活活動の中で追求していくことに注目します。このシンボルは、人々が集まり、実際の活動の中で何らかの信念を証明しようという気持ちを共有しているイメージでしょう。それは、宗教でも、宝探しでも、会社の成長でもよいのかもしれません。抽象的な概念をみんなで共有し、その価値(光)を信じているようすが表されているのでしょう。

PISCES12:An examination of initiates.(新参者たちの試験)

2番目の度数は、その領域のテーマが働きかける対象に注目したり、それが機能する環境に注目したりします。新参者たちは、1番目の度数でみんなが共有しているはずの抽象的な概念をちゃんと理解していればできること、答えられることをされられて試されます。つまり、信念自体よりもそれが「もたらすもの」に注目が向いているのです。

PISCES13:An sword in a museum.(博物館にある刀)

3番目の度数は、その領域のテーマをより一般的なかたちで理解を深めていきます。この領域では「社会的に共有している抽象的な概念や価値」を目の前の活動に積極的に利用していくことですが、博物館にある刀は人々に歴史をリアルに思い起こさせ、それに基づいた行動に向かわせます。

PISCES14:A lady in fox fur.(キツネ皮をまとった女性)

4番目の度数は、その領域のテーマの理解を実際的に利用する技術へとつなげていきます。キツネ皮のコートは、「高級なもの」、「お金持ちが着るもの」というイメージ、つまり、社会的に共有されている価値がありますが、女性はそれを着ることにより自らにそのイメージを関連づけ、利用しています。

PISCES15:An officer preparing to drill his men.(部下の訓練を準備している将校)

5番目の度数は、その領域のテーマをより大きな全体性のために利用していこうとする意志を示します。将校は、軍あるいは国という集団が大切にする価値観を部下へしっかりと伝えることで、よりスムーズに集団を守る活動へ精を出すことができるように指導するのでしょう。

今回のテーマの天王星は、このような流れの中の最初である「光を探している男たち」の度数にあります。つまり、みんなが具体的な活動をする上で共有すべき価値観を意識しようとしているのです。天王星なので、奇抜なアイデアや脈絡もない組み合わせ、改革運動などの動きが「光を探す」のでしょう。「妙案」はうまく検討され、実用化されていくでしょうか。

(星座とサビアン・その36より)
posted by ryu at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 月相2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック