2007年03月24日

2005.08.05 新月

なんと、冥王星より遠くに冥王星より大きな新しい惑星が発見されました。人類は心の奥や集団性を認識するどんな機能を新たに認識し始めたのでしょうか。しばらくの間、人類はこの新しい認識がもたらすものを追いかけて変化に拍車がかかるのでしょうね。新しい惑星にどんな名前がつけられるのか楽しみです。

獅子座の新月

では、さっそく今回の新月図(2005.08.05.12:04JST)について考えてみましょう。新月は獅子座の13番目の度数で起きています。獅子座は火のエレメントなので、何か新しいものをつくりだしたり、自分の独特さを主張したい気持ちが強く働きやすいです。不動のサインなので、焦点を定め、じっくりと追求していきます。「自互公」では、「互」の領域(獅子座から蠍座まで)に入っているので、「自」の領域で実感した「自分というまとまり」を他人や具体的な対象との関わりの中で積極的に表現し、社会の中で活躍していこうとします。つまり、具体的な対象相手に自分の火を投げかけていく工夫をするのです。前の水のエレメントと同様、心理的な側面に注目はしていますが、水のサインでは周囲との心理的なつながりや交流を重視する特徴がありますが、火では新しいものを創り出そう、周囲を引っ張っていこうという意識が強いです。蟹座の働きで、心理的な原点や土台を確認し、充実感を味わうと、次の獅子座では「生きている喜び」を周囲へ劇的に表現しようとするのです。獅子座は、太陽が支配星ですが、太陽は個性の全体的、長期的なまとまりを未来へ向けて進歩させていこうとする機能があります。ただ単に目の前のテーマだけでなく、「自分」に含まれるいろいろな要素の全体を統括し、前に進めていこうとするのです。このため、個人では自分の独特さを未来の活躍を意識してまとめ、ドラマティックに表現したり、集団や社会的な組織では未来の目標や成長していく方向をみんなで強く意識するような特徴が表れるかもしれませんね。獅子座は、まだ、具体的な次元から突っ込みが入ること(次の乙女座のテーマになります)を意識していないので、リラックスして遊んだり、自分の世界の中だけですごいテーマをひらめき気持ちが盛り上がっているようなニュアンスがあります。また、創作物や子どもを育てることもテーマですので、未来へ向けていろいろな可能性が探究される時期になるかもしれませんね。

このような方向性を持った新月には、水星と海王星のオポジションが強く関わっています。水星はものごとを頭脳的に把握し、考えたり、分析したり、データとして伝達しあったりすることに関連する機能です。これに海王星が関わると、多くの人々の夢や希望を意識しながら、周囲の空気を気にしながら考えをまとめ、発表するようなイメージになります。水星は7/24〜8/16の間逆行をしています。逆行をしているときには、人々は公的なことより私的なことを優先させて考えやすい傾向があります。自分の立場や考えを優先した発想をしやすいので、情報交換がうまく働きにくくなります。また、未来のことを考えるよりは過去のことを振り返りやすい傾向もあります。つまり、自分の(逆行)未来の活躍(獅子座)を考えつつ(水星)周囲の空気を気にしつつ(海王星とオポジション)リーダーシップが未来の方向を定めていく(新月)傾向のある時期なのではないでしょうか。これには木星も調和的に関わっていますので、「夢よもう一度」の傾向に同調する人も多いかもしれませんね。

金星と天王星は、オポジションからオーブが離れ、ノーアスペクト状態になりつつあります。しかし、金星は次第に冥王星とのスクエアに近づき、天王星には火星がセクスタイルになってきます。火星は土星とのスクエアから離れてきています。金星は、具体的な対象や現場でものごとを感じ受け入れる機能です。天王星は、いつもと異なることをしたり、人々の客観的な意見に触れたり、より大きな視点から現実を把握し直す働きがあります。つまり、金星は「なんだこんなことだったのか(天王星)」ということに気づき、その後、より深い体験(冥王星)を求め、あるいは恐れるようになる(スクエア)かもしれません。また、火星は土星とのスクエアで、権力の統制に怒りを感じたり、実際的に役に立たなかったことに劣等感を感じているかもしれませんが、その後、天王星とセクスタイルになっていくことにより、異なった視点から捉えられるようになり、今の集団の意見に則った行動を進めやすくなるかもしれません。金星や火星は、個々の現場でどんな行動をとり、どのように感じるかということに関連が深いので、現状を変えなければならないことを自覚し、思い切った変化の心構えをしていくようなイメージの強い時期になりそうです。

そんな周囲のテーマを抱えつつ、今回の新月は獅子座の「未来のための冒険」のテーマを強く意識しながら進んでいくのでしょう。なお、今回の新月は東京ではMC付近で起こりますので、政治など目が離せない状況になりそうですね。

実際のサビアンシンボル

それでは、そんな新月のチャートの中から抽選で一つ天体を選び、そのサビアンシンボルを考えてみましょう。今回のテーマは、獅子座の3番目の度数にある土星です。土星の度数のサビアンシンボルは、

LEO3:A woman having her hair bobbed.(髪型をボブにした女)

です。活動的な女性のイメージがありますね。長い髪の毛をボブにしてイメチェンをしたのでしょうか。では、例によってサインの意味から考えてみましょう。

獅子座は、新月の説明でも出てきたとおり、火のエレメントで「自互公」では、「互」の領域に入っています。自分の中から沸き上がってくる何かを創り出そうという衝動(火)を利用して具体的な対象に働きかける(互)ことがテーマです。特定の対象に影響を及ぼしたり、具体的な目標を意識し、展開を創り出そうとします。ここでは、「具体的な対象を意識して創造力を発揮する」ということを獅子座のテーマとして考えてみましょう。土星はこのような獅子座の中の最初のデーカンの前半にあります。最初のデーカンでは、獅子座の「具体的な対象を意識して創造力を発揮する」というテーマの意義を、まず、自分の中で追求し、確認していきます。何かを創りたい、自分で動かしたいという動機が強く沸き起こってくることやそれがどんな効果があるかということを自分の中で体験しながら確認していきます。まだ、獅子座のテーマが価値あるものと納得しておらず、純粋に体験し感覚を確かめていく段階です。なお、デーカンの前半は動機自体を積極的に体現し、後半はそれが表現されたことによる反応や感覚、効果のほうに注目します。では、今回のテーマである獅子座の最初の5度を一度ずつ考えていってみましょう。

LEO1:A case of apoplexy.(脳いっ血の症例)

1番目の度数は、その領域のテーマを単純に体験してみます。つまり、自分の中で(第一デーカン)「具体的な対象を意識して創造力を発揮する(獅子座)」ということを単純に体験してみるのです。創造力が具体的な対象を意識して活動を行う器官である「脳」に集まる様子が描かれているのでしょう。創造の衝動を自分自身が体験している様子が描かれているのですね。

LEO2:An epidemic of mumps.(おたふく風邪の伝染)

2番目の度数は、1番目の度数が起こす効果や周囲の反応に注目が向きます。何かの動きを創り出そうという動機は、周囲に伝染していきます。この度数では、伝染して広がっていく様子に注目しています。

LEO3:A woman having her hair bobbed.(髪型をボブにした女)

3番目の度数では、その領域のテーマの意義をいろいろな体験から理解していきます。創造的な衝動が伝染していくことを体験すると、影響力を発揮できることを知り、自分らしさをどう表現しようか工夫するようになります。特徴的な髪形にして独特な自分らしさで注目を集めている様子でしょう。

LEO4:A man formally dressed and a deer with its horns folded.(正装した男と角を刈られた鹿)

4番目の度数は、その領域のテーマをいつでもしっかり利用できるように訓練し技術化します。自分の獲物を「正装」して自慢しているところに社会に対してきちんと表現しようとする姿勢が見えます。

LEO5:Rock formations at the edge of precipice.(絶壁の端にある岩の塊)

5番目の度数は、その領域のテーマをより大きな全体の中で利用していく意志を表します。岩の塊は、頑丈で簡単には崩れません。創造的な衝動の目標は全体の中で崩れにくい確固たる存在になることなのでしょう。どうしたらそれが実現できるのでしょうか。

獅子座の最初の5度のテーマはこのようなかたちで流れていきます。そして、今回の新月図の土星は、獅子座の3番目、髪形を変えた女性の度数にあります。自分らしさ、自分の未来像の素晴らしさをしっかり表現し、魅力を発揮できているかというテーマの度数に土星があり、それができていないと強い劣等感につながります。これは、牡牛座の火星とスクエアになっているので、頑固に自分の価値観を守る行動スタイルにつながり、やがて、前回のコラムで思いついた「妙案」である天王星とセクスタイルになっていきます。

(星座とサビアン・その37より)
posted by ryu at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 月相2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36745030

この記事へのトラックバック