2007年04月21日

2007.04.17新月

今月から新月図の特徴をまとめていきます。では、今月の新月図(2007.04.17.20:36JST)を見てみましょう。

今月の新月は、牡羊座で起きます。また、太陽はすぐに牡牛座へと進んでいきます。牡羊座のテーマは、「思ったことを行動に移すこと」、「新しいことを始めること」などです。まず、大きな原則として、このような方向で新しい工夫を心がけるとよいでしょう。そして、その後それらがきちんと効果を上げているかどうか(牡牛のテーマ)にも意識を向けていくとよいでしょう。新月のアスペクト

この新月は10度(10日)程度手前に木星や土星とグランドトラインになり、これから冥王星とトラインになろうとしています。木星と土星の組みあわせは、目に見える集団的な目標やテーマをしっかり意識化し追求していこうという方向性を表します。みんなで組織の目標を話し合ったり、見つけたりしたのでしょう(ちょうど知事選挙などが行われた頃です)。火のサインなので新しい展開が強く意識されています。その後、太陽がこれから冥王星とトラインになるのは、リーダーシップや集団の目的意識(太陽)が深く複雑なテーマ(冥王星)を取り上げようとしていることを表しています。表面的ではなく、ものごとの根本まで効果が浸透することを目標にしたり、長期的な展望を意識したりするかもしれません。

その他のアスペクト

今回の新月の期間には、木星と天王星のスクエアに対して、金星と火星が次々と動きを作りやすいアスペクトを形成していくのが特徴です。新しい冒険を積極的に行動化していくイメージがあります。数日前のニュースでは、ここ数年のうちに「ネット広告の需要が増える」という内容がありました。天王星は地域的な枠に囚われない必要に応じた情報伝達のイメージなので「インターネット」にも関係が深いです。また、木星は「広報や広告」にも関連しますので「ネット広告」は木星と天王星の組みあわせのひとつの表現になるかもしれませんね。そのほか、天王星は大きな構造の働きに参加するイメージがあり、木星は積極的に可能性を追求するイメージなので、いろいろな企画や名案を思いつきやすい時期になるかもしれません。しかし、スクエアアスペクトは効果が望みの方向に向かわない可能性もあるので、木星の表す「未来に関する信頼感や楽観性の感覚」に対して、天王星の「突然吹いてくる現実の風」にあたり、無防備な楽観はぐらつく(あるいは逆に、あおられ不必要に燃える)可能性もあります。この木星と天王星は5/11に正確にスクエアになります(このタイミングでは伏線としてトランジットの太陽は土星海王星を強く意識化します)。しかし、これらのテーマがよりスピードの早い天体により日常活動の中に反映されるのはそれよりも少し前の時期になります。

感覚や感受性の働きに関連する金星は、感性の次元で上のような影響を受け、エネルギーを実際に利用することに関連する火星は、それらを行動に反映していくイメージです。つまり、火星や金星は目の前の活動の中に反映れてきやすいので、注意深く観察するとよいかもしれません。「インターネットのバナーをクリックしてみました。」「説明会に参加してみました。」「思いきって斬新なアイデアを提案してみました。」...そんな身近な具体的な場面の中に木星と天王星の組みあわせの影響が色濃く現れてきそうです。とくに4/27〜28に金星が、4/30〜5/1に火星が天王星や木星とアスペクトをするタイミングあたりに顕著な影響が見られそうですね(火星と金星自体は4/23日にスクエアになります)。

その他、水星は木星と土星とのグランドトラインへと向かっています。頭脳や工夫/情報交換の力(水星)は、みんなで行うことに関する意見交換(木星)や取り決め(土星)を行いやすい配置になっています。トラインなのでものごとはスムーズに、あまり大きな障害や軌道修正なく進んでいくかもしれません。火のサインで起きていますので、新たな自発的な動きを作っていく方向で進みやすいでしょう。また、海王星にもアスペクトをするので、夢や理想、精神性、社会福祉や慈善などのテーマも反映されてくるでしょう。しばらく土星と海王星のオポジションが続いていますが、「曖昧さをどれだけ秩序正しくするか」、「現行の方法論にどれだけ理想や人々の気持ちを反映させるか」などが話し合われ、積極的な提案(火のサイン)もたくさん生まれるかもしれませんね。水星は、4/21〜24に木星、土星、海王星とアスペクトします。

なお、今月はその後トランジットの太陽が土星と海王星のオポジションに対してスクエアになっていきます(5/9〜13)。土星と海王星は、ここしばらくの間何度も話題に上ってきているような影響ですが、基本的には理想と現実の葛藤を意識化されます。このような期間は、不安や悲観といった感情を感じやすくなるので注意するとよいかもしれません。いたずらに心配するのでなく、時間がかかっても少しずつでも安定したやり方を地道に進めていくこともよいかもしれません。歩みはのろくても必ず夢に着実に近づいていくはずです。しっかりと方向性を意識しながらものごとを前に進めていきましょう。

天体の方向転換やイングレス

太陽と月以外の惑星は、ときどき地球からの見た目の進行方向を変えます。進行方向を変える際には天体はとてもゆっくりと動き、その天体の働きが世の中のさまざまな動きの中に顕著に反映されるかもしれません。今回の新月の期間では、4/19に土星が逆行から順行に戻ります。つまり、この日付付近の数日間は、土星の表す「秩序、限界、管理、公務、責任」などのテーマが強調されるかもしれません。

また、天体がサインを変えるタイミングにおいても、その天体に対応する働きのニュアンスが変化していきます。この記事では、火星より遠い天体のサインの移り変わりにも注意を向けていきましょう。今回の新月の期間にサインを変えるのは火星です。火星は5/15に魚座から牡羊座にイングレスします。火星の運行しているサインは、人々が動機をどのように行動化するか、ということを物語りますが、魚座の「周囲の人々の気持ちや共有している理想を敏感に意識しながら動く」特徴から牡羊座の「自分の思いついたこと、新しい展開を行動に移す」特徴へと主要な方向性が変化していくかもしれませんね。

今回の新月図の期間は、このような動きを意識しながら、「個人個人が思いついたことを実行に移していく」という牡羊座のテーマの追求を心がけていくとよいかもしれません。さらに、次の牡牛座の表わす「活動が自分の求める結果を出していることを実感し、充実感や安定感を感じる」あるいは「個人の物質的環境(資源や才能の蓄積や活用)を豊かに充実させる」というテーマも心がけるとよいかもしれませんね。これらのテーマが身近なところから経済/政治の動きなど社会的な次元までいろいろな側面でどんなふうに反映されるか注目していきましょう。
posted by ryu at 11:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 月相2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょうど天王星木星に火星がやってきた4/30日のニュースには「派遣労働者やフリーターの若者らによる自由と生存のメーデー」など、それらしい動きがありましたね。木星と天王星の組み合わせは、改革(天王星)のためにみんなで力を合わせる(木星)というイメージもありますが、天王星も木星も「自由」な天体で、フリーターのイメージにも合います。火星が来るとそれらの動機を「行動化」するのでしょう。
Posted by ryu at 2007年05月03日 01:04
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 17:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック