2015年07月19日

歴史を繰り返さないために

しばらく新月についても書けないほど、時間に余裕がない状態が続いています。しかし、今の社会の動向について少し意見を述べておきたいと思いました。

歴史を繰り返さないために

第二次世界大戦に向かって進んだとき、占星術的には冥王星と天王星が形成された後から10年程度の間に世界でファシズムが台頭してきました。現在もちょうど冥王星と天王星がスクエアを形成した直後、第二次世界大戦前の経済危機からファシズムが台頭していく時期と似た時期表示の流れがあります。また、明治憲法図の上には水星と海王星のスクエアがありますが、ソーラーアークで進めていくと大きな戦争がある前にはこのポイントが活性化していることがわかります。つまり、偽りの情報、本当のことが隠されたコミュニケーションから戦争への流れが進んで行きやすいことがわかります。

今年の東京の春分図では、5つの天体が12ハウスに入っており、国民みんなが海王星の雲の中を進んでいるかのようです。さらに12ハウス自体水星とコンジャンクションした海王星に支配されており、曖昧な情報によりこの雲ができるイメージです。どうやったら「雲から外に出られる」のでしょうか。さらに夏至図では、水星と海王星はスクエアになっています。そして、夏至図上の月土星のスクエアは、明治憲法図の水星海王星のスクエアにタイトに触れています。

歴史を繰り返さないために、曖昧な情報に流されて気がつくといつの間にかおかしな状況が出来上がってしまうという戦争への流れを、一人一人がはっきりとした意識や意志を持って食い止めなければならないと私は思っています。安倍首相のチャートの水星のそばには海王星があり、木星天王星とスクエアになっています。これは、安倍首相の言動に照らし合わせて考えれば、その場その場の状況に合わせてうまくごまかす言葉を使う訓練をしているようなイメージです。しかし実際には、冥王星=太陽/木星-天王星があり、密かな目的へ向けて手段を選ばない特徴も感じられます。

つまり、私たちは現在水星海王星の煙幕の中でわけがわからないまま判断を誤ってしまいやすい状況にあるのです。大切なことをきちんと見分ける力をつけましょう。一人一人がしっかりと意志を持って状況を認識し霧を取り払いましょう。

先日、国会前のデモに参加しに行って感じました。SEALDsという若者の団体が仕切ってデモを進めてくれているのですが、とても礼儀正しくて、その場の運動の進め方も、何に対してどう抗議しているか、どの部分で力を合わせているのか、演説や司会などでしっかり意識化しながら進めていました。これは「デモ」のイメージが変わる体験でした。若者の純粋な問題意識の行動化は、まさに裸の王様を指摘しているような、ハッと気がつかさせられるものでした。いろんな巧みな言葉や国会運営に誤魔化されない、海王星の霧を取り払う光を見たような気がしました。

私は、占星術の象徴の知識は利用しなければ価値がない、つまり、過去の繰り返し(月)に照らし合わせて起こりそうなことを予測するだけでなく、理想の未来を創り出すための努力(太陽)に結び付ける必要があると思っているのです。ぜひみんなで霧を取り払い、その影響下から外に出ていく方法を一緒に考えていきましょう!

.....若者のスピーチには、こんな素晴らしいものも:http://iwj.co.jp/wj/open/archives/253905
posted by ryu at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422627553

この記事へのトラックバック