2015年09月23日

改めて2000年のグレートコンジャンクションを考えてみました。

改めて2000年のグレートコンジャンクションについて考えています。少し長いサイクルの流れの中で考えていきましょう。

2012年のブログの中で私は「ノマド」という概念と2000年のグレートコンジャンクションチャートの水星の働きを関連づけながらこの20年のテーマを考えました(http://ryuz.seesaa.net/article/264794989.html)。このとき水星のノーアスペクトが「若者」のノマド的な動きが重要な変化の鍵になると注目しました。今、SEALDsのみなさんがきっかけになった「民主主義」の運動もこの水星の象徴に関連すると考えられます。

木星と土星のサイクルであるグレートコンジャンクションは、約200年ごとにエレメントを変えていきます。現在は地のエレメントから風のエレメントに移ろうとしているところです。実際には、1980年から2000年までは、すでに風のサインである天秤に移りましたが、2000年には牡牛に戻ってきているところです。この後、2020年には水瓶になるので、現在の20年は一時的に地のエレメントに戻っているところです。火では、17〜18世紀には市民革命が起こり、人々が「自分で社会を創っていく意識」が発達しました。地では、19〜20世紀には産業革命が起こり、人々は「物質的な豊かさを追求」していきました。そして、これから風の世の中へ変わろうとしています。21〜22世紀に発展していく風では、おそらく、コミュニケーションや知性的な工夫により多くの人々が幸せを共有できる方法論を探求していくのではないでしょうか。

実はもうすでに、1980〜2000年の間は風のグレートコンジャンクションの時期でした。この時期には風らしい動きが起こっているはずです。情報化社会への移行やパソコンの普及はその重要な兆候ではないでしょうか。グレートコンジャンクションの期間は20年ありますが、サイクルは後半になって全体に反映され始め、3/4の辺りで何らかの結晶化をしていくと考えられます。1980〜2000年の流れを世界の動きで考えてみれば、最初の半分は「雪解け」へのアプローチ、そして、後半は実際の東西の壁の崩壊から世界の再編成(EU発足)という流れがあったかもしれません。日本でも1993年には長く続いてきた自民党の単独政権が破れ、連立内閣になりました。つまり、既存のシステムを強固に固めていく(地)というよりはいろいろな視点を考えよりよいシステムを探していく(風)の要素が重要になった様子でしょう。

しかし、2000〜2020年にはもう一度地のサインに入り直しています。しかし、グレートコンジャンクションのチャートをよく見ると、牡牛の木星と土星のコンジャンクションに対して水瓶の天王星がスクエアになっています。これは単純に物質的なものへの志向が戻ったというよりも、これから来る長い風の知性やコミュニケーションの時代へ向けて、知性の伝搬やコミュニケーションのためのインフラストラクチャが形成されていると考えるとよいのではないでしょうか。そして、その先端を引っ張っているのがノーアスペクトの水星、つまり若者です。

さて、安倍政権は安保法案を無理やり議会で押し通しました。これは、冥王星的な文化における欠乏の感覚、「権力の暴走、適正な秩序の欠落」など山羊の冥王星に関するテーマを強く意識化するきっかけになっているのではないでしょうか。太陽の光をしっかり当てて新しい動き方を創り出していくべきポイントがそこにあるのでしょう。ちなみに、しばらくこの冥王星にスクエアを繰り返していた天王星は牡羊で、「個人個人の自発的な行動に根ざした民主主義を求める意識」が国民的な運動を支えているのでしょう。この構図は、2000年のグレートコンジャンクションの天王星と木星土星のスクエアにも通じ、人々の間で情報や考えの交流を進めるためのインフラストラクチャ形成を促進するのではないでしょうか。

私は今回日本全国で表明された「自発的な民主主義を求める意志」のエネルギーを使いながら、これからやってくる「風ベースの社会」に必要な人々の考えの交流を行う場を育てていくとよいと思います。つまり、理想の社会を実現するには何を意識するとよいか何ができるかどう行動すべきかなどを自発的にシェアし、力を合わせていくルーズなネットワークを形成していくとよいのでしょう。やはりここでも植松努さんの「どうせ無理」をなくし「だったらこうしてみれば」を広める姿勢がとてもサポートになりそうですね。
posted by ryu at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック