2016年06月26日

選挙のこと

ホロスコープでは、10個の天体をすべてのものごとに関連させて考えます。例えば、いろいろな心の動きも、身体の各部分も同じ天体に表されものがあります。意識のバランスがとれていないと、焦点の天体に対応する身体の部分の調子が崩れたりします。

占星術では、ともするとこのようなことを考えてばかりいて実際にその働きに「参加」しないでいることもありますが、私は最近ヨガをやりながら身体の中のいろいろな部分の働きや連携を意識しようと努めています。

同様に、自分と世の中の関わりも10個の天体で考えていきます。人とのやり取りは個人天体で考えますが、2人以上集まり集団や組織になったとたん社会天体が管轄するようになります。つまり、私たちは家族、友人、地域、会社、国など、いろいろな次元の集団に関わっています。そして、社会天体のテーマは、それらの集団の進むべき方向や特徴の一端を担うということです。

ここでも、占星術では考えてばかりで「参加」しないでいることもできますが、私は自分なりに、意識的に参加していきたいと思っています。そして、国や地域の意思決定の一端を担う一つの行動が選挙に行くことでしょう。

天王星冥王星の一連のスクエアが一段落し、個人個人の意識が一回り深まった今、そんな意識に合わせて一人一人が考えなければならないことがあると思います。天王星冥王星の組み合わせは歴史上では革命をもたらした配置です。しかし、天王星冥王星という社会天体同士の組み合わせの働きである「革命」の要点は戦うことではなく、多くの人々が個人個人お互いを尊重しながら協力することのできる社会や集団のしくみをつくることなのでしょう。

個人的な意見として私は、「国」を強調することは日々の生活から意識を離し、例えば戦争をすることなどに意識を向けやすいので、もっともっと「街をつくる」という次元に強く意識を向けるとよいと思っています。しかし、そもそももっともっと多くの人々が関心を持ってみんなで意見を交換しながら考えていくしくみができないと難しいのかな、そんなふうに考えながらブログを書いていたところ、とても希望を感じさせてくれる演説に出会いました:https://www.youtube.com/watch?v=4hnCHVuzVFI

柔軟のグランドクロスの影響の中、考えさせられることはたくさんあります。概念的には、理想としてはとても素晴らしい方向性を考えている三宅さんですが、戦略を考えると効果的ではない側面もあり、だからこそ私たち一人一人がそれぞれの視点でそれぞれの立場でしっかり考えて、状況判断をし、みんなの未来をつくる一端を担っていく必要があるのでしょう。
posted by ryu at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439417514

この記事へのトラックバック