2012年03月31日

リカードの比較優位の考え方

経済学の概念、特に国際貿易などに関連して、に関連して、比較優位(Comparative advantage)というのがあります。これは18〜19世紀の経済学者リカードが提唱した考え方で、国際貿易において自由貿易を通して相互に得をする(Win-win)取引をしながら、それぞれの国がもっとも得意な産業に特化していく様子をうまく説明しています。つまり、自由貿易の原理をみんなで追求することで、それぞれが得意な分野を伸ばしながら各国の独特さが定着していく流れなのだけれども、この概念は国同士の次元だけでなく、人間と人間の相互関係(文化)の次元でも適用できるのではないかと思います。

もっとも、経済でもそうですが、おそらく文化が進むに連れて、お金の基準に還元できない要素が計算を狂わせます。特に人間の「やる気」とか「生きがい」に関わるものってそれぞれの人生にはとても重要ですが、共通のお金という物差しで測ることはできにくいものです。それでも文化は人間と人間のやりとりをより深めていく方に進んでおり、広範囲での移動やコミュニケーションにかかるエネルギーが少なく済むようになっていることも含め、ここでも比較優位とWin-winの原則から個人個人の個性表現が可能になる方向に進んでいると思います。あるいは、もともとすべて「個人の個性表現を求める動機」がエネルギー源になっているのではないでしょうか。

だとすると、今後、よりお互いの個性をきちんと把握し、尊重し合う力というのが文化の中で重要になってくるのではないでしょうか。ホロスコープを使って周囲の人々の個性にお互いに敏感になる感覚を育んでいくことはそういった意味でも文化の進化に貢献するのではないかと感じています。
posted by ryu at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

予測と計画の違い

占星術は予測する道具だと思っている方々が多いと思いますが、私は「計画する」道具だと思っているんです。

で、この予測と計画には大きな違いがあって、一番違うのがその時期に向かう心の姿勢なんです。例えば、優勝候補のチームがあって、予測の場合は準決勝で惜しくも敗退などというのを予測するかもしれないですが、計画は「甲子園で優勝する!」なんです。それに向かってどう気持ちを向けたりコンディションを整えていくかがとても重要になってくるんです。その場合、結果が2位とか3位とかってあまり重要でなく、どれだけ悔いを残さず力を尽くせたかっていうことが経験として残っていくのだろうなと思うのですが。。。

だから、私は予測するテクニックよりも計画するテクニックをしっかり身に付けていきたいと思うのですね。みなさんもぜひ、占星術を計画の道具として活かしてくださいね。
posted by ryu at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

雪のたより

ときどき話題にしますが、宇都宮で雪がちらついたということですが、雪が降るときと天王星や海王星が個人天体に触れるタイミングに関連性があるということです。今回は天王星と太陽の接触に関係してそうですね。天王星と言えば、突然予期しない展開が起こることにも関連します。おそらく、AKB48の前田敦子さんが卒業の発表をしたことも天王星の影響に関連しているでしょうね。牡羊天王星と山羊冥王星のスクエアは、やはり、集団的な責任感のプレッシャーと個人的な個性表現の追求というテーマがベースにあるのでしょうね。
posted by ryu at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

文化論の興味とともに

文化論に興味を持ったついでに、以前(約10年前)あすとろらーべのメールマガジンで連載していたマンデン関係の記事を過去記事保管庫にアップしてみました。マンデンを考察していくには*遠い天体同士のトランジット、*グレートコンジャンクションのホロスコープ、*日蝕月蝕図、*四季図、*国家の始源図や重要なイベント図などさまざまな視点が必要なので、考察していく手順の例を示すことができていればよいなと思います。一昨年から去年にかけて木星と土星はオポジションになり、2000年に起きたグレートコンジャンクションは半分まで進みました。つまり、そのときに始まった動きが明確に意識され評価され、既存の文化へと統合されながら全体の変容がもたらされるサイクルへと進んできたわけです。
posted by ryu at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇野常寛さん

たまたま、家に帰ってテレビをつけると宇野常寛さんがカルチャー論のゼミをしていました(https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20120324-33-12319&pf=f)。最近、トランジットの天王星と冥王星のスクエアは個人個人の個性を反映しながら(牡羊天王星)文化を再構成していく(山羊冥王星)3年間という視点を強く意識化していくとよいと考えていたので、具体的な努力のポイントとしてなかなか参考になりました。Wikipediaで調べてみると「惑星開発委員会」などの活動をしたり、ミニコミ誌「PLANETS」を発刊していたりするので、なんだか星の世界に近いのかななどと感じました。しかし、Wikipediaには生年月日が載っていなかったので星の位置は確認できませんでした。残念(笑)。
posted by ryu at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

今年の抱負

占星術の日のイベントをきっかけに年始ということで今年の抱負を考えてみました。

もちろん占星術の理解を深め広げていく活動はノエルティル来日第二弾や翻訳の努力も含めて精力的に行っていきますが、今年は個人的なテーマもがんばらなければなと思っています。何しろこれから3年間にわたり繰り返し天王星と冥王星がアスペクトを形成していきます。この象徴のテーマを私は「文化の中での個人の個性表現の探求の努力」という視点で動かしていきたいと思っているので(一人一人の力はわずかですが、みんなで新しいテーマをつくり動かしていることを意識化するのはとても重要だと思います)、自分のプライベートな個性表現についてもしっかりやっていかなければと改めて感じているわけです。そこで、今年は来年の占星術の日までに何らかのかたちで自分の「ミニコンサート」を行う、というのが目標です。考えてみれば、これまで他の人の作品作りを手伝ったり、バンドに参加したりしていましたが、自分の作品発表みたいな活動は高校時代あたりでストップしてしまっていたかもしれません。もともと自らが中心になって動くのがあまり得意ではないからかもしれませんが、少しその辺りを努力していかなければな、と思い至るわけです。最近は音楽活動に割ける時間が極端に短くなっているので果たしてレパートリーを揃えることができるかわかりませんが、がんばって努力していこうと思いますm(__)m。
posted by ryu at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日は占星術の日

ということで(あ、もうおとといですね)、芳垣氏とUstream放送に挑戦しましたがなかなか勝手が分からずみなさまにもご不便をおかけしたり、お見苦しいシーンがたくさんありまして申し訳ございません。気軽にそれぞれで工夫しながらお祝いを提案する気持ちがお伝えできていれば幸いです。また、たくさんありわかりにくいですが録画もあります。時間的には14:00頃から本編が始まりますが、13:39スタートの録画を20分ぐらい進めてから見ていただけると本編が見れます。

http://www.ustream.tv/recorded/21232788

また、予告できていませんでしたが19時からゲストお2人増えパート2というのも行いました。

http://www.ustream.tv/channel/dash-%E3%82%AA%E3%83%92%E3%83%84%E3%82%B8-2012-part2-%E8%9C%98%E8%9B%9B%E5%A5%B3%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%82%B9

大阪の方では、いけだ笑みさんラクシュミさんもUstream放映し、横浜チームと相互トークのシーンも!

http://www.ustream.tv/channel/%E3%81%93%E3%81%9F%E3%81%A4de%E3%81%82%E3%81%99%E3%81%A8%E3%82%8D#utm_campaign=ss-post-backlink&utm_source=10638511&utm_medium=social

当日見られなかったみなさん、ぜひ録画でお楽しみくださいね。

ついでにビデオメッセージのurlもう一度載せますm(__)m。

ノエルティル先生から:http://youtu.be/IzNS3tGKNBo
私と村上さなえさん、nicoさんから:http://youtu.be/br3YPvQ_YBA

来年は、もっとUstreamやツイッターに慣れておきますですm(__)m。
posted by ryu at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

きょうは、国際占星術の日!

おめでとうございます!

ノエルティル先生からビデオメッセージをいただいています!
http://youtu.be/IzNS3tGKNBo

また、私も村上さなえさん、nicoさんとともにビデオメッセージつくりました!
http://youtu.be/br3YPvQ_YBA

そして、本日、お昼頃から下のurlからUstream行いますm(__)m。
http://www.ustream.tv/channel/dash-%E3%82%AA%E3%83%92%E3%83%84%E3%82%B82012-%E3%82%A2%E3%82%B6%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%81%AB%E6%8A%B1%E3%81%8B%E3%82%8C%E3%81%A6

みなさんもぜひこの「占星術の日」に存分に占星術を楽しんでくださいね!
posted by ryu at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

グランドトラインと Occupy Wall Street

前回この地のサインのグランドトラインができた昨年の11月中旬にはウォールストリートを占拠する運動をやっていたズッコティ公園で警察が無理矢理運動を解散させました。今回もまたバンク・オブ・アメリカでの抗議運動や警察との衝突なども起こっているようですね。俳優のジョージ・クルーニーさんもスーダン大使館前の抗議活動で逮捕されました。抗議活動にも、取り締まる側にも不屈の意志が感じられます。正論を言ったり、議論をしたりしていられないほどそれぞれの状況が切迫していき、この初夏(6月)、最初の天王星と冥王星のスクエアができるときには無理矢理動きをつくらざるを得なくなっていくかもしれません。余裕のあるうちに、現在持ち上がっている問題に関して広い視野から多くの人々のためになるやり方を考え尽くしておいた方がよいでしょう。
posted by ryu at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

国際占星術デー

3/20は占星術の日!ということで、みんなで占星術を盛り立てていきましょうという動きが進んでいます。といっても、なかなか「どうやって盛り立てるか」というのは難しいかもしれませんが、単にその近辺で話題に挙げる、意識するだけでもよいのかもしれません。それにしても「占星術の日だ!」という認知もまだあまり進んでいないようなので、3/20(春分の日)は占星術の日だよ!とわかるようなきっかけ作り、イベントを行いたいと思っています。

まず、芳垣氏が Ustream中継イベントの名乗り出てくれました!私も一緒に参加する予定です!

http://astro-z.blogspot.com/2012/03/blog-post_14.html

直接Ustream番組ページへ:http://www.ustream.tv/channel/dash-%E3%82%AA%E3%83%92%E3%83%84%E3%82%B82012-%E3%82%A2%E3%82%B6%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%81%AB%E6%8A%B1%E3%81%8B%E3%82%8C%E3%81%A6

また、占星術の話題で盛り上がる会として、以前、あすとろらーべの活動に参加していただいたみなさんや講座やセミナーなどに参加していただいた皆様にご案内を差し上げる予定もあります。

イベントにまでしなくても、みなさんもぜひ占星術の日をきっかけに、あらためて占星術って何だろう、日頃どうやって利用していったらいいだろう、あるいは、より多くの人々にその良さを理解してもらうにはどうしたらいいだろう、などと考えるきっかけにしてみてくださいね!
posted by ryu at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

nico先生の日記

昨年の8月に始まってから、占星術に関するとても深い話題を書き続けてくれています。

http://nicosmic21.blog.fc2.com/

私も以前「占星術勉強日記(http://www.rr.iij4u.or.jp/~ryuz/astroint.htm)」を書いていたことがあるのですが、nicoさんの文を読んでいると情熱がよみがえってくるようです。

私も刺激されて少し考えを整理してみたくなりました。3/2のnicoさんの日記でトランスサタニアンについて「トランスサタニアンは因果応報の結果のようなものを示す」と考察しています。そして、最近の魚座入りし強まった海王星の対処法として「あり得ないことは期待しないこと」を挙げています。これは、強まった海王星の影響による混乱を避けるのには賢明でよい方法ですが、ぜひトランスサタニアンについてもう一歩踏み込んで理解を深めてほしいと思っています。

トランスサタニアンの天体は「肉眼では見えない」ので太陽の光を届けるのに意識的で積極的な工夫(望遠鏡を使うなど)が必要です。なので、対処法の文を少し修正して「あり得ないことを実現するには多くの人々の期待と協力が必要だ」とすると適切な努力の方向が見えてくると思います。結果的に「エゴは捨て、他者に対する影響を考えながら行動する」ということにつながっていくのですが、私は自分の中で感じた小さな動機(ため息)の重要さにも注目してほしい気がします。

なぜなら、トランスサタニアンのとても重要な役割として、「古くなった社会の秩序(土星)を変化させていく」という側面があるからです。どうして秩序は古くなるのでしょうか。それは、社会に属する一人一人の「個人」の意識が深まり、より深く充実を求めるからです。「社会」とは、個人を充実させるために必要な集団的に利用している「機能」なのです。だから、社会が新しく向かっていく方向は個人の「ため息」の中に隠されているのです。

ときどきこうしてインターネット上で意見交換をするのもおもしろそうですね。また、3/20の占星術の日にはぜひみなさん改めてじっくり占星術について考えてみてくださいね。





posted by ryu at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

3月になりました!

あと半年、今年も9月にノエルティル先生を招いて、心理占星術コンサルテーションの心髄を講義していただきます(詳しくはこちら:http://www.chiron-school.com/curriculum/a.html#0918)。

私もまた、多くの方々に心理占星術の素晴らしさをお伝えできるようさまざまな活動をしていこうと思っております。

4月からは東京や名古屋、大阪などでノエルティル心理占星術の講座を開催いたします(http://www.chiron-school.com/curriculum/index.html)。

また、毎週月曜日には代々木の第三の眼で勉強会を行っています(http://astro-psycho.jugem.jp/)。

個人レッスンやグループレッスンなども行っております。地方の方でもいろいろな方法が考えられますので、心理占星術を勉強したいと考えている方、ぜひ連絡くださいね(ryuz@rr.iij4u.or.jp)。

ノエルティル氏や心理占星術の情報をまとめて発信するサイト「ノエルティル心理占星術を日本語で学ぼう!(http://tyljapan.ciao.jp/)」もつくっております。質問掲示板などもありますので、ぜひご利用ください。

posted by ryu at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

フィラデルフィアフリーダム

セミナー後、少し足を伸ばしてフィラデルフィアまで行ってきました。

フィラデルフィアと言えば、アメリカの独立宣言が行われた場所、つまりアメリカ建国図の出生地です。だから、アメリカの精神の源を感じに行くにはベストな場所かなと思いました。そしたら街自体にインデペンデンスとフリーダムが溢れているんですね。頭の中では、私が幼少期初めてラジカセを買ってもらって録音し、気に入って繰り返し聴いていたエルトンジョンの「フィラデルフィアフリーダム」がずっと鳴っていました。あの頃は歌詞の意味もわからずに聴いていたんですけど、とてもアメリカらしい精神に満ちてる曲なんですね。なぜだかとても懐かしく感じます。

http://www.youtube.com/watch?v=55eQvRVzebQ
http://www.songmeanings.net/songs/view/10193/

ノエルティル氏もここのそばのウェストチェスターという場所で生まれました。だからティル氏の占星術にも独立と自由の精神が溢れているんだと改めて感じました。
posted by ryu at 22:23| Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

第三の眼代々木店でのコンサルテーション

今月はまだ空きがあります。

http://www.daisannome.biz/fortuneteller/ryuichi_ishiduka.html

予約制で準備に少し時間が必要ですのであまり日付が近い場合は翌月にしていただく可能性もあります。

よろしくお願いいたしますm(__)m。
posted by ryu at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノエルティルセミナー

3日間の合宿セミナーが終わり、一息ついています。

セミナー中は、さまざまな講義の模様を日々お伝えしようと思っていたのですが、始まってみると時差のための睡眠不足などでご報告できる余裕がありませんでした。同行した nico さんががんばって日々の報告を書いてくださったのでぜひ読んでみたくださいね。

http://nicosmic21.blog.fc2.com/

今回のセミナーでは、昨年の来日のときに体験された日本の文化的な特徴についてもいろいろお話がきけたので興味深かったです(一日目の初っぱなからそんなテーマで始まりました)。今年の9月の来日セミナーの前には中国でセミナーを行う予定にもなっているようなので、来日時にはその辺の文化の違いについても話題に入るかもしれませんね。楽しみです。また、3月には鏡リュウジさんの提案で「世界占星術の日を祝おう」企画を準備しておりますが、ノエル先生にも一言コメントをいただいてきましたのでイベント(Ustream放送)の際にご紹介できると思います。楽しみにしてくださいね。
posted by ryu at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

ニューアークセミナー

ノエルティル先生はマスターコース参加者向けに毎年1月の終わりに合宿セミナーを行っています。今年は1/27−29。場所はニューヨークのそばのイーストブランズウィックというところ。

では、これから熱のこもった講義を聴きに出かけます!行ってきます(^^)/
posted by ryu at 08:00| Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

あけましておめでとうございますm(__)m

今年はさらに力を入れてみなさんと一緒に占星術の可能性を探求していきたいと思っておりますm(__)m。

本年もよろしくお願いいたしますm(__)m。

posted by ryu at 00:23| Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

Kindle!

少し前に見たときはそうでもなかったのですが、今キンドルストア覗いてみたらいろんな占星術書が既にキンドル化していました。ノエルティル氏の本もこれまでは「Solararcs」だけだったのが、「Vocations」や「Noel Tyl's Guide to Astrological Consultation(「心理占星術コンサルテーションの世界」の原書)」なども出ているようです。

ドン・マクブルームの「Midpoints」やローレン・デルサックも何冊も出ていますね。いやあ、便利になりました(笑)。
posted by ryu at 09:30| Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

占星術の日

今日はクリスマスでしたが(もう日付は翌日ですね)、カイロンさんの忘年会に行ってきました。

今年はノエルティル先生の初来日もあり、皆様に大変お世話になりました。あらためてどうもありがとうございましたm(__)m。また来年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m。

その忘年会の会場で鏡リュウジさんから素晴らしい提案がありました。占星術を盛り上げていくのに、「占星術の日(春分の日になります)」を利用しましょう、ということ。みんなそれぞれに、その日に「占星術を語り合う会」をやるなり、記念に占ってもらうなり、特別講座を企画したり...。それぞれ独自に盛り上げることを同時にやったらおもしろいのではないか、ということです。

何をやろうか、楽しいこと考えたいですね。みなさんも、ぜひ来年から「世界アストロロジーディ」=春分の日に何か占星術に関する活動企画してみてくださいね!

インターネットを見ると、例えば、サンフランシスコではこんな特別講座が企画されているんですね...。
http://ncgrsanfrancisco.org/IADSFSchedule.html

posted by ryu at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

新里さんの日本語サイト始動!

9月の来日セミナーでは素晴らしい通訳をしていただいた新里ひろきさんの日本語サイトが始動し始めました。新里さんはフロリダに住んでいらっしゃるのですが、スカイプなどを利用してコンサルテーションを受けることもできます。また、ブログでは、基礎から日本語でノエルティル占星術を解説してくださっています。ぜひ読んでみてくださいね!

http://hniizato.net/

こちらのアドレスを訪ねてみてください!

posted by ryu at 12:14| Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする